【シェア賢者の空旅】
~マイレージ上級会員のメリット~

  1. 旅行
  2. 37 view

航空会社がマイレージ会員である旅客の搭乗距離に応じて、ポイントを付与するマイレージプログラム。会員のなかでも、搭乗機会が多く、一年間に一定以上の搭乗ポイントを取得した会員は、マイレージ上級会員(ステータスホルダー)としてランク付けされ、翌年に上級会員向けの特別なサービスを受ける事ができます。

ステータスホルダーになるには、時間的にも、経済的にも、高いハードルがありますが(別記事参照⇒マイレージ上級会員になるには?)、その基準を達成し、ステータスホルダーになると、実に多くのメリットがあり、その航空会社を利用する限り、快適な空の旅を過ごすことがきます。

airport

ステータスホルダーが享受できるメリットには、いったいどんなものがあるのでしょうか?
あなたの空旅を快適にするマイレージ上級会員向けの特別なサービスについて、ご紹介します。
(ご紹介する内容は、2019年11月現在のものです。)

【目次】
1.なぜステータスホルダーにメリットがあるの?

2.専用レーンでチェックイン
3.セキュリティチェックも専用レーン
4.エアラインラウンジの利用
5.優先搭乗
6.その他、様々なメリット

 


1.なぜステータスホルダーにメリットがあるの?

あなたがステータスホルダーとして、その航空会社を利用される際には、様々な特別サービスが提供されます。国際線でいうならば、ビジネスクラスの座席クラスで搭乗するのと同等のサービスが受けられます。ビジネスクラスの座席を購入した方は、高額な料金を支払っています。サービスを受けるのは当然なのですが、ステータスホルダーは座席クラスにかかわらず、常に同等のサービスで飛行機を利用することができます。

businesclass

◆ビジネスクラスシート利用時と同等のサービスが受けられる

なぜ航空会社は、上級会員向けに特別なサービスを提供しているのでしょうか。

航空会社にとって搭乗実績回数が多いステータスホルダーは上得意のお客様です。つまり、ステータスホルダーであるということは、これまで自社の航空便を数多く利用してくれた事の証であり、今後も利用してくれる可能性が高いと、期待しているということです。
もちろん、ステータスホルダーであろうとなかろうと、同じ空港を利用して、同じ飛行機に乗るわけですから、飛び立つ時刻も、到着する時刻も変わりありません。ですが、ステータスホルダーとして提供される特別サービスは、空港でのあなたの待ち時間を快適にしてくれたり、待ち時間を短縮してくれるなど、空の旅を快適にしてくれることでしょう。

それでは、 ステータスホルダーが享受できるメリットを出発地の空港から目的地の空港まで、流れに沿ってご紹介していきましょう。
なお、国内線と国際線で、上級会員向けのサービスは、多少異なります。しかし、基本的な流れは大きく変わりません。

trip


2.専用レーンでチェックイン

空港に到着して、あなたがまず向かうのはチェックインカウンターでしょう。
預け入れの荷物がなければ、事前にwebチェックインを済ませる事で、もしくは、skipサービスを利用して、直接、(保安検査場を通って)搭乗ゲートに向かう事もできます。しかし、そうでない場合はチェックインカウンターで荷物預け入れの手続きや、チェックイン(搭乗手続き)を済ませなければなりません。

休日や旅行シーズンともなると、チェックインカウンターには長蛇の列ができます。長い時には数十分も並ぶことも。楽しいはずの空旅も、まずこの行列に並ぶことで最初から疲労してしまいます。

manypeople

しかし、ステータスホルダーであるあなたは、専用のチェックインカウンターで対応してもらえますので、チェックインに長い待ち時間を取られる事はありません。国際線であれば、ビジネスクラスなどの優先チェックインカウンター(プライオリティレーン)を利用しましょう。チェックインカウンターに並ぶ長蛇の列を横目に、プライオリティレーンでスマートに搭乗手続きを済ませるあなたは、優越感を感じれる事でしょう。

航空会社は、「窓際」「通路側」「足元の広い座席」など、あなたの好みを把握しており、専用カウンターでは、何も言わなくてもあなたがいつも好んで選ぶ座席をチョイスしてくれます。もし、好みと違う座席があてがわれたならば、希望の座席に変更してもらいましょう。座席の変更等も、座席が空いている限りかなり柔軟に対応してくれます。
緊急時のために、通常は座席案内をしないように空けている座席も、ブロックを解除して、あなたのために用意してくれる事もあります。国際線では、運が良ければプレミアムエコノミーやビジネスクラス等、座席クラスのアップグレードをしてくれることもあります。


3.セキュリティチェックも専用レーン

チェックインが済んだら搭乗ゲートへ向かいます。搭乗ゲートエリア(保安区域)に入るには、保安検査場を通過して、セキュリティチェックを受けなければなりません。
securitycheck

このセキュリティチェックも、長蛇の列ができる事が頻繁にあります。ポケットの中を空にして、手荷物からパソコンや飲み物を取り出して、上着を脱いで…
保安検査場が混んでいると、長蛇の列に並びながら、セキュリティチェックの準備をするのも一苦労です。しかし、ここでもステータスホルダーであるあなたは、専用のレーンでセキュリティチェックを受ける事ができます。
日本国内の規模が大きな空港であれば、たいてい専用のレーンがあり、ステータスホルダーは専用レーンを利用することができます。国内線の場合、専用のチェックインカウンターが、そのまま専用の保安検査場につながっている場合もあります。

現在(2019年)、羽田空港の専用レーンは、アライアンスグループのステータスホルダーであっても、
実際に上級会員資格を有する航空会社を利用するとき以外は、専用レーンを利用することができなくなりました。

なお、余談ですが、国際線の場合は保安検査場を通過した後に出国審査を受けなければなりません。ここでも行列に並びたくないという方は、自動化ゲートの利用登録がおススメです。
出国審査(入国審査も)においてはステータスホルダーのメリットはなく、誰であっても同様の検査を受けなければなりません。
しかし、事前に自動化ゲートの利用登録をしておくと、指紋認証による出入国審査で自動化ゲートを通過することができます。
自動化ゲートの利用登録は、出国審査場にある専用カウンターで、登録用紙に記入して申し込みます。登録は無料で、登録した日から自動化ゲートが使えます。一度、登録すれば、羽田、成田、中部国際、関空、と自動化ゲートを利用できます。
この出国審査場も、ハイシーズンには行列ができるポイントです。近年、顔認証による審査が行われるようになり、多少、行列は緩和されましたが、まだまだ旅行シーズンになると長蛇の列ができます。自動化ゲートですと、まず並ぶことはありませんので、おススメです。


4.エアラインラウンジの利用

保安区域に入ると、あとは搭乗開始時刻を待つのみです。
もし、まだ搭乗時刻までは時間があるようでしたら、エアラインラウンジに行ってみましょう。

lounge

航空会社では、座席クラスの高い旅客や、上級会員資格を有するステータスホルダーが、搭乗開始時刻までの時間をくつろいで過ごせるように、専用ラウンジを用意しています。ラウンジでは、飲み物やおつまみ等が無料で提供され、アルコールもいただく事ができます。新聞・雑誌や、wifiサービスも充実しており、リラックスした時間を過ごすことができます。シャワールームやキッズルーム、マッサージチェアー等、様々なサービスを提供しているラウンジもあります。
国際線のラウンジでは、食事も提供され、航空会社ごとにラウンジで提供される名物料理もあります。こうしたラウンジの利用により、ステータスホルダーは搭乗までの時間を有意義に過ごすことができます。(同行する旅行者の方も1名まではステータスホルダーと一緒にラウンジを利用することができます。)

loungeservice

◆シャワールームやキッズスペース等、 様々なサービスを提供している

lounge

エアラインラウンジは、これから自分が搭乗する航空会社のラウンジだけでなく、その航空会社が所属するアライアンスグループのステータスホルダーであれば、同じアライアンスグループ所属の航空会社のラウンジを利用することができます。
例えば、スターアライアンスゴールドのステータスホルダーであれば、日本の空港ではANAのラウンジが利用できますが、特に成田空港であれば同じスターアライアンスに所属しているユナイテッド航空のラウンジも利用できます。ワンワールドサファイアのステータスホルダーであれば、JALのラウンジが利用できますが、成田空港ではJALだけでなく、アメリカン航空やカンタス航空、キャセイパシフィック航空のラウンジも利用できます。スカイチームエリートのステータスホルダーであれば、スカイチーム所属の各航空会社のラウンジが利用できます。
航空会社ごとに、食事やサービスに特徴があり、色々なエアラインラウンジを利用してみるのも、ステータスホルダーの楽しみの一つです。

LAlounge

◆ロサンゼルス空港のユナイテッド航空ラウンジ 。リゾートホテルを思わせる。

このアライアンスグループのラウンジ相互利用があるおかげで、ステータスホルダーは、世界中ほとんどの空港でエアラインラウンジを利用する事が可能になっています。

基本的に座席ランクの高い旅客やステータスホルダー向けのサービスを提供しているエアラインラウンジですが、近年、搭乗客が事前予約する事により、座席クラスや会員クラスに関係なく、有料でエアラインラウンジの利用をできるサービスが行われています。
エアラインラウンジであっても、時間帯によっては、満席で座れない事があったり、混雑していて以前のようにリラックスした時間を過ごせないという事があります。
こうした現実を踏まえてなのかどうかわかりませんが、航空会社では更に高い基準をクリアした限られた上得意客だけに、最高クラスのダイヤモンドメンバーステータスを設け、さらに特別なサービスを提供するようになっています。ダイヤモンドメンバーは、ファーストクラス利用者やダイヤモンドメンバー限定の特別なエアラインラウンジが利用できます。


なお、ラウンジには航空会社が運営するエアラインラウンジとは別に、クレジットカード会社が提携するラウンジ会社の運営する空港ラウンジがあります。カード会社提携の空港ラウンジでは、利用する航空会社に関わらず、提携クレジットカードの提示でラウンジを利用できます。
それぞれのラウンジで、設備等に大きな違いはありませんが、サービスの違いとしては、エアラインラウンジではアルコールの提供が無料で行われているが、カード会社提携の空港ラウンジでは有料な場合が多い(一部、アルコール無料のカード会社提携の空港ラウンジもあります)。食事等のサービスもエアラインラウンジの方が充実している。カード会社提携の空港ラウンジでは、ラウンジ利用料金を払えば誰でも利用できる(提携クレジットカードを持っていなくても利用できる)所が多い。といった所でしょうか。

cardlounge

◆クレジットカード提携の空港ラウンジ

cardlounge

◆カードラウンジはソフトドリンクが無料で提供される。

日本においては、エアラインラウンジとカード会社提携の空港ラウンジは、一般的に分かれており、クレジットカードの提示でエアラインラウンジを利用する事は、ほとんどできません。(利用可能なエアラインラウンジもあります。)
海外の空港では、ラウンジの運営会社が航空会社ともカード会社とも提携している事があり、どちらでも利用できるラウンジも多くあります。


5.優先搭乗

いよいよ搭乗開始時刻が近づいてきました。
ステータスホルダーであるならば、搭乗ゲートには少しだけ早めに行きましょう。なぜなら、ステータスホルダーには優先搭乗のサービスも付与されているからです。

航空会社は搭乗開始時刻になっても、搭乗する旅客全員を一斉に機内に案内する事はありません。搭乗時の混雑を避けるため、グループごとに搭乗案内のタイミングをずらして、機内への誘導を行っています。
まず最初に機内へと案内されるのは、「小さな子供連れ」「搭乗に際して係員の手伝いを必要とする方」です。電車であれ、飛行機であれ、優先される順序は同じですね。
次に、最高クラスの「ダイヤモンドメンバー」が案内され、続いてダイヤモンドメンバー以外のステータスホルダーが案内されます。

bordinggate
当然のことながら、搭乗する順番に関わらず、座席クラスに関わらず、同じ飛行機で飛ぶわけですから、早く搭乗しても、遅く搭乗しても、出発時間も到着時間も変わりません。しかし、優先搭乗を利用することで、自分の座席の真上のコンパートメントに荷物を悠々しまえるとか、となりの座席との肘掛け問題に有利に対応できる(笑)とか、様々なメリットがあるんです。
なにより、搭乗開始時刻にずらーっと並ぶ搭乗客を横目に、優先してゲートをくぐり抜けられるのは、ここでも優越感を覚えることでしょう。


6.その他、様々なメリット

飛行機が目的地の空港に到着しました。預けた荷物を受け取りにターンテーブルに向かいましょう。
あなたは、ここでもステータスホルダーのメリットを享受することができます。
ターンテーブルに預け入れの荷物が流れてきました。ステータスホルダーであるあなたの荷物は、早く返却されてくることでしょう。
baggagedrop
ステータスホルダーの預け入れ荷物には、チェックイン手続き時にプライオリティのタグが付けられ、優先して返却されてきます。
こうして、ステータスホルダーであるあなたは、いち早く保安エリアを抜けて、搭乗ロビーに行く事ができるのでした。

ステータスホルダーの空旅は、いかがでしたでしょうか?
上級会員向けの様々なサービスを利用することで、待ち時間を短縮したり、待っている時間も快適に過ごすことができます。

しかし、ステータスホルダーのメリットは、これだけではありません。他にも様々なメリットがあるんです。
●無料で預け入れられる荷物の量(数・重さ)が多い。
●マイレージの獲得率が高い。
●アップグレードポイントが付与され、ポイント利用で座席のアップグレードが可能になる。
●限定サービス品が贈られる。
●地上職員も、キャビンアテンダントも、航空会社の方々が話しかける時、会話の頭に必ず、
「〇〇様、いつもご搭乗ありがとうございます。」
と、つけて対応してくれる。
これも、上得意客への接客マニュアルの一つですね。

Member service

◆スターフライヤーズ会員限定の手帳と卓上カレンダーが、毎年、贈られてくる。

各航空会社ごとに付与されるサービスには若干の違いがあります。
詳しくは、各航空会社のホームページをご確認ください。

是非、あなたもマイレージ上級会員になって、快適な空の旅をお過ごしください。
ステータスホルダーにはどうすればなれるのか?
こちらの記事をご参照ください!
マイレージ上級会員になるには?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA